カバーリング工法によるエコな屋根修理

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - カバーリング工法によるエコな屋根修理
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
カバーリング工法によるエコな屋根修理屋根修理情報提供weblog

“老朽化が進み屋根修理を行う場合、古い屋根を撤去し新しい屋根に替える葺き替え工法を行っていました。工場や倉庫などの大きな建物では費用と工期が掛かってしまいます。雨漏りをしてしまう前に屋根修理を行いたいけど、何日も工場を止めることができないとお悩みの人も多いはず。

そのような場合にはカバーリング工法による屋根修理がお勧めです。古い屋根の上に新しい鋼板製の屋根を取り付けます。屋根の解体作業が無い為、屋根修理の期間中も通常通り業務を行うことができます。

工場や倉庫などで多く使用されているストレート屋根にはアスベストが含まれています。撤去時にはアスベストの粉塵が飛散してしまうのです。カバーリング工法を行うことで危険な産業廃棄物がでることもなく環境にもいいのです。

また、屋根が二重になることで断熱効果がアップし、光熱費を節約することもできるのです。カバーリング工法は工期の短縮やコスト削減だけではなく、地球にも優しい屋根修理の方法なのです。”

カバーリング工法